美容看護師に勤務する看護師の仕事内容

美容外科の看護師の主な仕事内容として、豊胸手術や脂肪吸引、レーザー脱毛や多汗症オペなどがあります。
美容外科でも、注射などの業務スキルは必須で、オペ室での勤務経験がある方は、その経験を活かすこともできます。

 

また、一般病院での看護業務とは違い、一人ひとりの患者さんとじっくり向き合い、時間をかけて治療を行うため、患者さんの声によく耳を傾けるなど、高度なコミュニケーション能力や、患者さんへの適切な対応などのマナースキルの他に、美容外科で業務を行う上ではサービススキルも必要になってきます。

 

勤務先によっては、カウンセリングを行い、施術を行うこともあります。
細かな施術もあり、高度な技術も必要になってきます。

 

その他にも、手術の介助や術後のケアをすることも、美容外科の看護師の仕事のひとつです。
特に、術後のケアは重要で、傷の痛みや見た目など、術後管理をしっかり行うことだけでなく、
患者さんの心のケアもしっかりと行うことも大切です。
美を提供する美容外科にとって、患者の希望に添える施術を行うことも、看護師の立派な仕事なのです。

 

美容外科の看護師の業務は幅広く、一般病院での業務とは少し違った業務で、様々な知識やスキルが必要なため、最初はたくさん学ぶことがあって大変かもしれませんが、どのクリニックでも3か月以上の研修期間が設けられるので、経験が浅くても対応できるようになります。

 

その研修期間の間に、どれだけ吸収し、多く学ぶかが重要になると同時に、常に学ぶ姿勢を持ち続けることも重要です。

 

華やかな美容外科クリニックで働きたい!だけど人気の職場で競争も激しい業界です。
競争の厳しい中で、有利な求人を見つけて転職を成功させるには?その転職成功のコツをご案内しています。
↓↓
美容外科で看護師として働くための上手なコツはこちら