美容外科の看護師の現状

美容外科の看護師の現状として、美容外科への転職希望者が多いことがあります。

 

その理由として、「経験が浅くても転職しやすい」というのが一つであるといわれています。
美容外科の看護師として働く条件に、最低2年の現場経験が必要であったり、オペ室での勤務経験があったりする看護師が優遇されることが多いといったこともあります。

 

しかし、経験が全くなくても、転職してから研修やジョブトレーニングがあるなどと、美容外科の看護師にとって学ぶ環境は整っているといえるでしょう。

 

また、病院によってはマナー研修があるなど、近年では充実しているところも増えているようです。

 

その反面、美容外科そのものが不安定な業界であるといわれているため、一か所で落ち着いて長く働けることが少なくなる場合や、比較的20代〜30代の方を採用している病院が多いため、40代や50代に
なってくると、採用してくれる病院が少なくなっていることも事実です。

 

また、売上によって左右されるため、収入が安定しないといった問題もあります。

 

しかし、収入の面では、自分の働き次第で変えることができます。
知識、スキル、マナーなど、美容外科の看護師として必要な能力を身に付けていくことで、自身の収入やスキルアップにもつながりますし、やりがいを感じることができます。

 

現状では、プラス面・マイナス面とがありますが、それでも看護師にとって美容外科は人気の科です。
美容に興味のある方、自分のスキルを活かして、ぜひ働いてみたいと思っている方にはおすすめの仕事です。

 

華やかな美容外科クリニックで働きたい!だけど人気の職場で競争も激しい業界です。
競争の厳しい中で、有利な求人を見つけて転職を成功させるには?その転職成功のコツをご案内しています。
↓↓
美容外科で看護師として働くための上手なコツはこちら