美容外科に必要なスキルとは

美容外科で、「これを持っていると有利な資格」というのはあまりありませんが、美容外科の看護師として働いていく上で、持っていると便利な資格というものはたくさんあります。

 

その中に、エステティシャンやアロマセラピスト、リフレクソロジーなどの資格があります。

 

エステティシャンとは、髪の毛を除く全身の手入れを行う人のことを指し、エステサロンで働いている専門技術者のことです。
アロマセラピストとは、一般の方に、トリートメントやコンサルテーションを含めたアロマテラピーを提供できる能力を持っている人のことを指し、リフレクソロジーとは、主に足の裏の特定部位を押せば、体の特定部位に変化が起こる現象を活用し、疲労の改善などをはかる療法のことです。

 

これらの資格を持っていることで、美容外科の看護師が業務を行うにあたって、その能力を十分活かせます。

 

また、接客や営業に関するスキルというのも重要なスキルになります。
美容外科では、「患者=お客様」という考え方になり、自分の中で患者はお客様だという考え方にシフトしていくことで、接客のスキルを磨く第一歩になるでしょう。

 

美容外科の看護師の場合の営業の要素として、化粧品やスキンケアなどをおすすめしたり、新しい治療を提案したりするスキルが求められています。

 

美容外科では、医療行為の他に、接客や営業などの要素が求められるため、研修を通じてこれらのスキルを磨いていかなければなりません。

 

このようなスキルがあれば、美容外科での様々な業務に対応することができ、自身のスキルアップにもつながります。

 

華やかな美容外科クリニックで働きたい!だけど人気の職場で競争も激しい業界です。
競争の厳しい中で、有利な求人を見つけて転職を成功させるには?その転職成功のコツをご案内しています。
↓↓
美容外科で看護師として働くための上手なコツはこちら