美容外科に勤務するメリット

美容外科に勤める看護師の業務のうち、「タクシー手配とお見送り」があります。
来院した患者さんに対して、出口でのお見送りや、タクシーの手配などの細かい心配りができることは、美容外科の看護師として重要な要素になってきます。

 

患者さんが「また来たい」という気持ちになれば、自身や病院全体の売り上げにもなります。
勧誘のような営業的な能力はあまり必要ありませんが、患者さんからの質問には丁寧に、わかりやすく答えられるように勉強する必要はあります。

 

また、広告代理店や業者との打ち合わせなどが多いのも、美容外科の看護師の業務のひとつです。
病院によって違いますが、広告代理店との打ち合わせの具体的なこととしては、電柱広告や電車広告、
雑誌掲載の原稿管理、キャンペーンチラシのオーダー、HP会社との打ち合わせなどがあります。
このような打ち合わせがあることから、高いコミュニケーション能力が求められることも事実です。

 

美容外科の看護師として、さまざまな業務がありますが、営業的な業務が多いことがほとんどです。
医療行為よりも美容行為が多くなることから、一般の病院に転職するとなったときに、看護師の業務についていけるかどうか心配だという声もあります。

 

ですが、だからといって美容外科で働くことがデメリットになるとは限りません。
自分のメリットになることももちろん多いですし、美容外科から一般の病院に転職される看護師もいます。
自分が、今後どのように看護師としての人生を歩むかを、きっちりと見極めることも重要です。

 

華やかな美容外科クリニックで働きたい!だけど人気の職場で競争も激しい業界です。
競争の厳しい中で、有利な求人を見つけて転職を成功させるには?その転職成功のコツをご案内しています。
↓↓
美容外科で看護師として働くための上手なコツはこちら