美容外科に勤める看護師の一日

美容外科に勤める看護師の一日として、まず、お掃除をします。
クリニックは清潔が一番なため、除菌を徹底することも大切です。

 

また、診療がスタートして、緊張されている手術前の患者さんに、なるべくリラックスしていただけるように、声をかけることも、大切な業務の一つです。

 

それに、検診の患者さんが来院されると、その患者さんの経過などを気にしたりして、患者さんに声をかけることで、患者さんと美容外科の看護師のどちらも、嬉しい気持ちになります。

 

他にも、美容外科の看護師が、初めての患者さんに対して、問診票を書いてもらって、受付でカルテを作成したりするのも、美容外科の看護師の業務になります。

 

そのカルテを参考にしながら、美容外科の看護師が、診察室で患者さんのお話を伺い、医師がカウンセリングに入るという流れになります。
ゆっくり相談されたあと、患者さんが聞きそびれたことや、患者さんが医師に対して聞きにくかったことはないか、美容外科の看護師が改めて確認します。

 

このように、美容外科の看護師は、患者さんの不安を取り除いて、安心して手術を受けていただけるよう、
配慮することが重要です。

 

患者さんにとって、手術とはとても不安であり、未知なことが多いです。
その気持ちを汲み取ることによって、患者さんが綺麗になっていく過程を見ることができ、患者さんに「ありがとう」と、感謝の気持ちを伝えてもらうことで、美容外科の看護師としてのやりがいを、初めて気づくことができます。

 

華やかな美容外科クリニックで働きたい!だけど人気の職場で競争も激しい業界です。
競争の厳しい中で、有利な求人を見つけて転職を成功させるには?その転職成功のコツをご案内しています。
↓↓
美容外科で看護師として働くための上手なコツはこちら