病院勤務と美容外科勤務の違い

一般の病院勤務と、美容外科に勤務する看護師の業務の違いとして、「診療に対するスタンスが少し違う」ということがあります。

 

美容外科では、基本的に健康な方の、「綺麗になりたい」「美しくなりたい」といった気持ちのお手伝いをするのが、美容外科の看護師としての基本的な仕事です。

 

そこで、どのように自分の美容に対する知識を活かし、患者さんに満足していただけるかが、美容外科の看護師としての腕の見せ所になってくるでしょう。

 

また、美容外科の看護師として、業務スキルは必須ですが、美容外科ではそこに「接客」という要素が加わってくることも一般の病院勤務とは違う業務です。
美容外科では、いかに患者さんにより良い時間を提供できるかというのが、重要な要素になってくるので、当然接客の仕方も覚えなければいけません。
そういった点で、サービススキルを身に付けることも重要になってきます。
その中にも、言葉づかいや姿勢なども当然含まれます。

 

また、サービススキルとともに、マナーについても学び、身に付けることで、一人ひとりが、自分の接客の対応一つで、クリニックの印象を変えることを意識し、自覚していくことも大切です。
患者さん一人ひとりに丁寧に接していくことが、一番の近道になるのかもしれません。

 

美容外科の看護師としてのスキルだけでなく、一社会人としてのスキルやマナーを身に付けることができる点で、自分にとってプラスな面が多いことが、美容外科勤務を希望する看護師が増えている理由の一つともいえるでしょう。

 

華やかな美容外科クリニックで働きたい!だけど人気の職場で競争も激しい業界です。
競争の厳しい中で、有利な求人を見つけて転職を成功させるには?その転職成功のコツをご案内しています。
↓↓
美容外科で看護師として働くための上手なコツはこちら